結婚式でボレロやショールはダサい?時代遅れ?トレンドは袖ありドレス

当ページのリンクには広告が含まれています。

結婚式に招かれた際、とくに女性は服装に悩まれる方も少なくないと思います。

結婚式の服装で、羽織りものの定番の「ボレロ」ですが、「結婚式でボレロを着るのはダサいのかな?時代遅れ?」などとお悩みの方もいるでしょう。

結論から言うと、結婚式にボレロを着るのは一概にダサいとは言えないけれど、最近は着る人が少なくなっています。

キキ

個人的には、少し時代遅れかなと思います。
現在40代の私が、20代の頃の結婚式は、ボレロやショールが定番の着こなしだったので、古く感じるのかも。

この記事では、ボレロやショールを着ない場合、結婚式にどんな服装を選べばよいのかをまとめました。

ぜひ結婚式の服装選びの参考にしてください。

目次

結婚式でボレロやショールはダサい?時代遅れ?

昼間の結婚式(挙式)でノースリーブのドレスを着る際は、羽織りものを合わせる方が多いでしょう。

結婚式では、肩だしや露出の高い服装は注意が必要で、特に昼間の挙式や披露宴ではマナー的に良くないとされています。夜の披露宴やカジュアルなパーティーであれば、OKな場合もあります。

結婚式でボレロやショールの羽織りものを着ようと考えているけれど、「ボレロやショールはダサいの?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

ダサいダサくないは個人の主観によるので、人それぞれということは前提に。

キキ

個人的には少し時代遅れのスタイルに感じます。
現在40代の私が、20代の頃結婚式に呼ばれた時は、皆ボレロやショールが普通でしたが、今見るとちょっと古いなと思ってしまいます。

もちろんおしゃれなボレロもあるので、全部がダサいわけではありませんが、選ぶボレロのデザインによってはやはり古い着こなしに見えてしまいます。

実際に最近の結婚式では、ボレロやショールを着用する方は少ないようです。

では、最近の結婚式ではどんなドレスやワンピースが人気なのでしょうか。

最近のトレンドは袖ありドレス

そもそも羽織りものの要らない袖ありドレスが最近のトレンドです。

インスタなどで結婚式のお呼ばれスタイルを見ても、ドレスだけという方が圧倒的に多いイメージでした。

袖ありドレスなら「何を羽織ろう?」と悩む必要もなく、ドレス1枚でコーディネートが完成なので、むしろラクですよね。

キキ

袖部分がレースやシースルーなどになっているドレスが多く、程よく透け感もあり、袖があっても重く見えないんですよね。

おすすめの袖ありドレス

ここからは「結婚式におすすめの袖ありドレス」をいくつか紹介します。

年代問わず着られるデザインを選びました。

バルーンスリーブワンピース

サイズS(7号)~LL(13号)
カラーベージュキャメル
ダークネイビー
ピーコックブルー
ライトベージュ
コーラル
ブラック
素材(表地)ポリエステル100%

ウエストの大きめリボンがポイントのワンピース。

袖がバルーンタイプなので、二の腕が気になる方にもおすすめ。

シンプルなワンピースなので、幅広い年代の方が着用できるデザインです。

キキ

楽天のレビューを見ると、30・40代に人気があるようです!

胸元タックデザインAドレス

サイズS・M
カラーブルーグレー
モカ
ブラック
素材(表地)ポリエステル100%

かわいらしさと上品さがミックスされたドレス。

ロング丈ですが、腕や背中がレースになって透け感があり、重たく見えないデザインです。

体形カバーできるデザインなので、ウエストやヒップが気になる方はもちろん、妊婦さんも着用できます。

ウエストタックフレアドレス

サイズS~4L
カラーブルーグリーン
ネイビー
オールドローズ
アイスグレー
グレイッシュブルー
ベージュ
モカブラウン
素材(表地)ポリエステル100%

ウエストのタックが細見えするドレス。

オーガンジーに繊細なレースを重ねた袖が上品に見えます。

胸元はVネックでスッキリしているので、アクセサリーとの相性も◎

>>>その他の「結婚式に着られるドレス」を見てみる

コーディネートに悩むならレンタルドレスがおすすめ

結婚式のお呼ばれスタイルは、普段着と違って、マナーなども意識しつつ華やかさも求められるので、いろいろ悩んでしまうものですよね。

「ドレスが決まったら、次はドレスに合う靴とバッグ探さなきゃ」
「アクセサリーはどうしよう」

など、次から次へと考えることがたくさん!

キキ

悩む時間がもったいない方は「レンタルドレス」を借りるのがおすすめ。

レンタルドレスのおすすめポイント
  • ドレスから小物までまとめてレンタルできる
  • ドレス一式を買うより安い

ドレスから小物までまとめてレンタルできる

ほとんどのレンタルショップでは、ドレスだけを借りられるだけでなく、アクセサリー・靴・バッグまで借りられます。

それぞれ自分で好きなアイテムを選ぶこともできますが、まとめてコーディネートしたセットも借りられるのがポイント!

キキ

コーディネートに悩みたくない方はセットがラクですよ!

ドレス一式を買うより安い

当然ですが、ドレス・小物・靴を一式新しく購入する場合、お金がかかりますよね。

結婚式ラッシュなど何度も着る機会があれば良いですが、一度きりしか着る予定がない場合、もったいないですよね。

レンタルであれば、費用を抑えることができます

キキ

結婚式に呼ばれると、ご祝儀などいろいろお金もかかりますからね。
衣装代を節約できれば助かりますよね。

レンタルドレスショップおすすめ3選

ドレスの取り扱いをしているレンタルサイトを3つ比較しました。

セレモニースーツなどの取り扱いもありますが、今回はドレス・ワンピース限定で比較してみました。

ぜひ参考にしてみてください。

レンタルサイトの比較

スクロールできます
LULUTIおしゃれコンシャスCariru
ドレスの数※1303点7218点(2205種類)3368点
ドレスセットの数35点1001点(564種類)999点
レンタル日数3泊4日2泊3日~6泊7日まで
(7泊8日以上の場合1泊ごとに追加料金あり)
最短3日~90日まで
料金(税込)6,600円~2,900円~4,980円~
公式サイト
2024.04.30時点の情報

※1 ドレス・ワンピース単品のみの数。ドレス・小物のセット商品などは含まれていない。

それぞれのレンタルサイトのくわしい説明は、こちらの記事が参考になります。

まとめ

結婚式にボレロやショールを着るのは一概にダサいとは言えませんが、最近はあまり着ている人が少ないのが現実です。

もちろんおしゃれなボレロもあるので、選ぶデザインによってはとてもオシャレにもなります。

ただ、最近のトレンドは袖ありのドレスなので、ドレス+羽織ものよりもドレス1枚で完成する「袖ありドレス」の方がコーディネートもラクですよ。

お気に入りのドレスを見つけて、結婚式を楽しんできてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次